Charmed by Dan
home
About NAS Charity Fundraiser
at DanRadcliffe.com


 このページは、右上ボタンを押すと出てくるDanRadcliffe.com様の
NAS募金活動について簡単に説明しています。
This page contains a brief explanation of NAS fundraiser which has been held
by DanRadcliffe.com. Although the way to donate is not currently available for
Japanese residents. I think it is a wonderful idea to hold a charity event
like this on their website and I just would like to express my respect and
support for it. So I decided to give some background info in Japanese about
the achievements of one of our most beloved Dan fansites, and their
continued efforts. Click the button above for more detail in English.


DanRadcliffe.com様の募金イベントの様子
What was the B-day charity event was like and what are their achievements?
 ダンのファンサイトで世界一といっていい充実度のDanRadcliffe.com様(管理人Jennaさん)が、2003年7月23日のダンの誕生日イベントとして、ファンがダニエルの誕生日プレゼントのかわりにNAS(英国自閉症協会)に寄付をし、合計金額をダニエル本人にも報告。寄付した人に抽選でダンのDVDや写真などグッズが当たるという企画をされました。元々はJennaさんの友達Taraさんのアイデアだったそうです。
 期間約1ヶ月で2000ポンド超(約39万円)というものすごい大成功企画となり、イベント終了の23日より前に、ダンから感謝の言葉が直接DR.com様に届き、うちのサイトの掲示板のみんなでもびっくりしました。(w (7月18日付ニュースでご紹介)
 「ぼくに誕生日プレゼントをくれるかわりに、英国自閉症協会に寄付をしてくれた皆さん、本当にありがとう。素晴らしい組織に対する、ものすごくいいアイデアだと思います」
 この成功に、サイト様では期間限定から通年企画に方針変更されたとのことです。
 
募金活動の現在
What's it like now and why can't we donate from Japan?
 ダニエル募金は、米国などの在住者の方なら募金イベントを専門に扱うページJustgiving.comのこちらからできるそうですが(クレジットカード、下限額なしなので少額OK)、残念ながら現在日本からはできないようです。寄付方法は現在このサイト経由のみで、DanRadcliffe.com様は直接お金を扱わないとのことです。
 寄付できないのに、なぜCharmed by Danで説明しているの?と言われると困るんですが(汗)イベントの趣旨に賛同したので、興味あるかもしれない方々のために、ささやかにこのページを設けることにしました。大っ変お世話になっているサイト様のチャリティ活動の、理解の一助になれば幸いです。
 DR.com様の集計などには反映されませんが、NASにご自分で直接募金することは可能です。詳細はNASの公式サイト(英語)へどうぞ。
 
 またDR.comさんのダングッズ抽選は、誕生日イベントにはありましたが、今はないようです。デビコパDVDが一番うらやましかったです。(w

ダニエルと自閉症患者支援のかかわりは?
What's the connection between Dan and support for autistic people?
 ダンがまだ12歳の頃、賢者の石のプロモーション時(2001年後半ぐらい)、「将来は大学に進んで自閉症について勉強してみたい」とインタビューなどで語っていたのは、雑誌などでご存じの方も多いと思います。これを自分の娘さんから聞いた研究者がダンのエージェントに連絡したところ、ダン側がゲスト出演を快諾し、自閉症研究者向けのDVD「マインド・リーディング」に2002年にボランティア出演。慈善活動で、映画と直接関係ないので、幅広く報道されはしなかったそうですが、この若さで忙しい中、慈善活動をしてくれたダンに関係者はとても驚き、感動したそうです。詳しくはDanRadcliffe.comのExclusivesコーナーに載っています(Dan contributes to Autism Video)。
(その後ダンの進路希望は映画関係、俳優・映画監督・脚本家などに変更になったようです〜2002年後半以降)
Last updated on July 31, 2003

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー